isamunishida

記事一覧(60)

74年

自分は、閻魔大王様が鎮座する地獄を見たことがなければ、ダンテが画いたインフェルノも、ボッティチェッリが描いた絵画で見知ってるだけ。でも、もし地獄ってモノを想像するなら、74年前の、長崎と広島を想像する。原爆資料館で見知った事。語りべさん達から、聞かせてもらった事。どんな事が起こったのか、自分は口にもしたくない。キノコ雲の映像を見るだけでも嫌気がさす。あれは地獄以外の何物でもないと思う。地獄ってモノを創りだせるのは、神って方の所業じゃないのか?人は、神にでもなったつもりなのか?傲りだよ。その地獄を造りだす核兵器を、現世界は九か国14525基保有してるとか。地獄を14525回も見たいのか。その前に、地球上から、生物が全て消え失せる。どっかの誰かが、ポチッとボタンを一回押すだけで。目には、目を。核には、核を。愚か過ぎる。自分は、まだまだ皆と生き。これからの未来を、この目で見たい。人柱となり、今の世を築いてくれた方々の為にも。核兵器廃絶と恒久平和を願います。2019.8.9長崎市長の長崎平和宣言より引用 目を閉じて聴いてください。 幾千の人の手足がふきとび 腸(はら)わたが流れ出て 人の体にうじ虫がわいた 息ある者は肉親をさがしもとめて 死がいを見つけ そして焼いた 人間を焼く煙が立ちのぼり 罪なき人の血が流れて浦上川を赤くそめた ケロイドだけを残してやっと戦争が終(おわ)った だけど…… 父も母も もういない 兄も妹ももどってはこない 人は忘れやすく弱いものだから あやまちをくり返す だけど…… このことだけは忘れてはならない このことだけはくり返してはならない どんなことがあっても…… これは、1945年8月9日午前11時2分、17歳の時に原子爆弾により家族を失い、自らも大けがを負った女性がつづった詩です。自分だけではなく、世界の誰にも、二度とこの経験をさせてはならない、という強い思いが、そこにはあります。 原爆は「人の手」によってつくられ、「人の上」に落とされました。だからこそ「人の意志」によって、無くすことができます。そして、その意志が生まれる場所は、間違いなく、私たち一人ひとりの心の中です。